酵母でお料理

「森のような庭」「石釜」のその後


一週間ぶりでございます。(^^;)

「森のような庭」「石釜」はその後どうなったのかなー。と思ってくださってる皆様、お待たせしました。

その前に、天然酵母の経過を。

現在、

  1. 昆布酵母
  2. りんご酵母
  3. バジル酵母
  4. 梅酵母

を仕込んでおります。

これ以上増えると世話できそうにないので、ひとつづつ使い切っていこうと思っておりますが、天然酵母は、ずっと世話してあげると、生き続けるそうで、「生き物なんだなー。」と。

使い切る=殺してしまう、ってことなので、ちょっと心苦しいですが、よく使いそうなのは、ずっと世話して生かし続けてみようかな、とも。。。(←こうやってどんどん増えていくのでは?)

(^^;)

上の写真は今夜の夕食。

昆布酵母とバジル酵母のミックスに鶏肉と野菜とニンニクを漬け込み、塩コショーだけで焼いてみました。

味は薄いはずなのに、薄い感じがしない。まろやかな優しい味になりました。

身体にも優しい感じがしますー。

それから、それから、りんご酵母でパン焼いてみました。(オーブンで、ですが)

酵母を仕込んだ時に漬け込んだりんごを小さく切ってシナモンも加えて。

りんご酵母のパン

左が生地を作っているところ。右が焼けて半分食べてしまった状態。

写真を撮るのを忘れて焼き上がりの写真が、半分ですが(^^;)
これ、結構美味しかったです。りんごの香りがふんわりして、外はカリッ、中はモチモチ。
家族にも好評でした。
ただし、これは石釜でなくオーブンで焼きました。

さて、次は「森のような庭」です。

草とも仲良くしようとは思っているのですが、やはりあまりにも草の威力がすごいので、道の部分は草が生えないような対策を、と。

瓦の道

瓦の道

庭の隅っこに瓦がたくさん積み上げてあったので、これも何かに利用しようと、瓦を割って道にモザイクのように敷き詰めていってます。けれど、なかなか進みません。(^^;)

最後に「石釜」の話題を。

庭に小さな石釜を設置はしたものの、なかなか火を入れることができませんでしたが、やっと火を入れてみました。

冬は家の中の薪ストーブに薪を使っているのですが、小さな石釜は薪ストーブに比べてあまりたくさんの薪は必要ありません。

「森のような庭(プライベート・フォレスト)」で小枝や枯れ葉や干し草を拾ってきて、それを焚付け材にし、あとは小さな薪を少し入れておけばいいだけ。

ピザ焼いてみましたー。

庭のバジルで仕込んだバジル酵母のピザ生地で。チーズとバジルのシンプルなピザ。

石釜ピザ

左は石釜の中。右は焼き上がったピザ。

釜の中の温度が高くなっていたら、あっと言う間に焼けます。

美味しかったー。生地もバジルの香りがして、美味しくて、焼いた後は釜の中も薪とバジルのいい香り。

パンも焼いてみたのですが、それはちょっと失敗。生地の仕込みに失敗していたみたいなので、また生地をリベンジして焼いてみます。

小さな石釜に蓋と温度計も買っておいたのですが、正解でした。

外は風で火の粉が飛びやすいので、火事が恐いのですが、蓋を閉めておけば安心。

温度計はやっぱりお料理するには温度管理できると便利です。

あと、石釜の耐熱レンガは濡れると温度差で割れてしまったりするそうなので、石釜を使うときは上に220cm四方の大きさのテントを立てています。(石釜はミニなのに、結構大掛かり?(^^;))

使ってみて、小さい石釜なので、結構簡単に火がついて、温度も上がるので、日々のガーデニングの時間に草取りしながら火を起こして、パン焼いたり、ピザ焼いたり、上の石を外してパエリアとかも出来そう、などと思ってます。

冬の寒さが苦手だった私。薪ストーブのおかげで冬が好きになり、夏場に野外に出るが苦手だった私。石釜のお陰で夏の野外が好きになれるかなー。

今週は、あるイベントで仲良くなったガーデナーさん(とっても素敵なガーデンを持ってらっしゃる)が来てくださいます。

酵母と石釜の話をしたら、早速ご自分でも酵母を仕込み始めたり、「石釜も見に行きたい。」と言ってくださる方もたくさん。

時間を見つけて、ちょっとづつ来ていただけるようにしたいな、と思ってます。

でも、お仕事もしなくてはいけないので、「いつでも来てください。」とは言えなくてごめんなさい。m(_ _)m

これからも、楽しくガーデニング&石釜生活しますよ。あ、味噌蔵も直さなきゃーーー。