2014初秋

葉っぱ達も少しづつ「秋の装い」


世の中は3連休でしょうか。

私は土曜日も、日曜日も、今日月曜日も仕事してたりしますが、土曜日の夜はジャズライブに行ったりと、楽しいこともしております。

今日は早めに仕事済ませてガーデニングもしようと思ってます。

昨日は、朝から取材のお仕事で宮津湾へ。

あるヨットハーバーからモーターボートに乗せていただいて、海に出ました。さわやかないいお天気の日曜日で、仕事も忘れて(コラッ!)クルージングを楽しんでしまったり。f(^^;)

海外からの舟

海外から来た大きな舟。

海外から来た大きな舟。近くまで行くと大迫力。潜水艦みたいな機能もあるのかな?

仕事が終わって帰りに、宮津を勝手に路地裏散歩。写真を何枚か撮ってきました。フィルムでも。

これはiPhone画像ですが。

2014_9_14_susuki

後ろの壁とススキの組み合わせが渋い。

いろんなところで、ちょっとづつちょっとづつ秋を感じます。季節が変わって行く様を見るのも楽しいですね。(^-^ )

somemiへぼへぼイラスト シフォンと赤ちゃん

自然治癒力のおはなし


秋らしくなってきました。

今日は「自然治癒力のおはなし」です。不思議なおはなしです。いや、不思議じゃないかも。(どっちなのだ?)

わたしは、医学的な専門知識もないですし、そういう勉強をしたこともないんですが、自分の経験のことを。

今から20年ほど前、息子を生んですぐ、私の身体のある箇所に腫瘍(良性)が見つかりました。

それがもっと増えたり大きくなったり、悪性に変わったら手術が必要だと、数ヶ月ごとに検診を受けて、エコー検査をしていただいてました。

そのときも、薬も手術もすることなく、いつのまにか全て自然に消滅したのですが、良性だったし、いくつかあったにしても小さかったし、「まあ、こういうこともあるのだろう。」と思っていました。

今年のお盆の後、何年かぶりにまた検診を受けてみました。

すると、また今度は違う箇所に病巣(腫瘍)の跡が見つかりました。今度は複数でしかも、ひとつはかなり大きかったらしく、エコー写真もいただきました。(証拠写真ありf(^^;))

お医者様が

「これだけたくさん、しかもひとつは大きいので、かなり症状や傷みが出ていたでしょう?」と。

「え?」

わたし、まったく傷みも症状もなく、そんな病気になってたことさえ気づいてませんでした。(ただの鈍感な人なのでは?(^^;))

そして、今回も、自分が気づかぬまま、全て完治していたらしいです。

ちょうど、わたしがその病気にかかっていたとき、知人もその病気でかなり症状が出ていて頻繁に通院してお薬などで治療している話を聞き、人のことを心配していたりしていました。まさか、自分もそうだったとは。。。。(やっぱり、ただの鈍感な人?(^^;))

ネットでその病気のことを調べてみると、この病気は小さい腫瘍でも結構症状が出るらしく、この病気で悩んでいる人が多いらしいです。しかも、大きい物になると、手術しなければ完治はしない、と。

ん?わたし、大きいのも自分で気づかぬうちに完治してるらしい。なぜ?

妹とLINEでそのはなしをしていました。「お姉ちゃんの自然治癒力を高めたのは何なんだろうね。」と。

「んーーー、ヨガかなー。」と答えたのだけど、、、西洋では心理療法で、この病気を自然治癒させたりしているところもあるそう。

と、いうことは、「メンタルコントロール」?

仕事が忙しすぎて、そういうときは「わたしは不死身だー!」と自己暗示かけてたので、脳が本当に私の身体を不死身にしたのかな?

メンタル(精神面)というのも結局「脳」なのです。

「心はどこにありますか?」と聞かれたら「胸(心臓)のあたり」と答える人は多いけど、「心も脳にある。」「考えるのも脳、感じるのも脳」。

ずっと前に「脳内革命」という本が流行りましたが、私も読みました。

楽しかったり、うれしかったり、感動したりすると人間はβ―エンドルフィンというホルモン『脳内モルヒネ』が出るそうだ。 
『脳内モルヒネ』は老化を防止し自然治癒力を高める働きがあるのだと言われる。

反対に「嫌だな」とかマイナスな心になると脳からノルアドレナリンと言うものがでるのだそう。
これは強い毒性があり、病気になったり老化を進ませたりするのだそう。 

そう思うと人間はどんな薬もかなわない優秀な製薬工場を体内に持っているのだ。 

「人は皆、自分の中に優秀な製薬工場を持っている」

これなのではないかな、と思ったりするわけです。

あとは、もちろんヨガや瞑想の効果もあるでしょうし、ほぼ毎日納豆食べてる、とか、地元でとれた野菜中心の料理を食べてるとか、いろんな要素が組み合わさっているとは思いますが。

でも、生活不規則だし、あんまり健康面に気をつけたりしてません。(^^;)

あと、毎年検診とかに行かない。(お医者さんに叱られますが)

人間って、きっと病気の元が体内に生まれたり消えたりしてると思うんです。自然にしてると無意識に消えるはずのものがちょうどそのときに検診してしまうと、見つかって、それから病人とみなされ、闘病が始まる、みたいな。。。。。
(しかし、わたしの今回の病巣の跡は、普通はこれだけあると、かなり症状が出て病院行かなければいけない状態のはずなのだけど、何も症状が出ていなかったのが謎、不思議。)

昔々は、すぐ病院に行くなんてしなかったですし、すぐ病院へ行ける世の中は安心のように思えるけど、病気の早期発見って、発見されない方がいいことも多いかもしれません。

医学的な知識は全くないのですが、たぶんこれは確実と思えることは「病気を重く(悪性)にしようと思ったら、おもいっきりストレスをためること」(^^;)
(ここからは、推測ですが→)そして、病院へ通って、いつもその病気のことばかりを考えてしまうこと。
病気のことで気に病むこと。
そうすると、病気にマイナスの想いが集中してしまうので、病気を確実に成長させてしまう。

逆にストレスをためすぎず、メンタルコントロールに気をつけてたら、β―エンドルフィンというホルモン『脳内モルヒネ』が出て、自然治癒力も高まって、発症しかけてた病気も治癒していくだろう。(病気に気づかないことがベスト、気づいてもあまり病気のことを考えず、「想い」を他の楽しいこと(プラスな想い)に向けるのがいい。)

そう、思ったりします。(^-^ )


アイキャッチ(一番上)の写真は内容に全然関係ないですが、うちのにゃんこたち。シフォンが出産した後、赤ちゃんと仲良くネンネしてるところ。「愛」に勝る薬もないのかもしれません。

パンプキンスープ

冷んやりしたら、あったかスープ。


夏はどこへ行ってしまったのか。。。。。

朝晩ひんやり、肌寒かったりしますね。

そんなときは、あったかスープ。

久しぶりにパンプキンスープ作りました。(残念ながらうちでできたカボチャではないですが。(^^;))

あったかスープを飲むと、まったりほっこりホッとする。

今夜はあとは頂き物野菜メニュー。

9_4coock

(上)茄子のムサカ、(下)三度豆の胡麻和え。

美味しいもの食べましょ。

庭に出ると、夏の間、草取りがちゃんとできていなかったので、もうすごい草でジャングル状態。

「草の気迫」に負け、あることを決意してしまった。

「やっぱり歩くところにはレンガを敷こう。。。。」

シャボン玉

子供たちも大きくなったな。


8月29日は息子の誕生日でした。

もう21歳になったと思うと、ちょっと愕然とした。

children

子供たちの小さな頃

夏休みに戻ってた時にも「誕生日何か欲しい?」と聞くと「僕はもう20歳過ぎとるんだから、もうええで。」と。

そっか。。。。。

娘も、今年の12月で24歳になる。私が結婚した年。

早いなー。

結婚して同居もして「こんなはずじゃなかった。」ってこともいっぱいあって、いろいろ辛いこともあったけど、子供たちがいたから頑張れたんだろうな。

仕事も家のことも子供たちのためにがんばってた。

それが私の生きる目的になってしまってたのかもしれない。

子供たちが二人とも巣立った時、本当はどうしていいのかわからなかった。

息子が巣立つ時「僕も出て行くけど、お母さんも○○○○アート展とか、好きなことができるようになっててよかったな。」って言って安心してくれてた。

でも、そのアート展からもわたしは身を引き、人生の中で自分が一番したかった方向性を見失った。

たぶん、結婚して子供を持った女性は、子供たちが巣立った時、一度、自分の人生の方向性を見失ってしまうのかもしれない。

「自分はこれから何のために生きよう。」って・・・・。

なぜかギターとか音楽にも手を出してしまって、凝り性な私はそのまま続けて、趣味として音楽活動もしてたりするけど、本当に自分の人生の中でしたかったことは何なのか、ちゃんと見極めて方向性を決めなくては、と思ってる今日このごろ。

利益を追求する仕事などよりボランティアばっかりしたりしたいけど、まだまだ仕事もしなければいけないので、お仕事もがんばります。

※(アイキャッチ)一番上の写真は娘が小さい頃の写真。「シャボン玉」。家族に勧められてある写真展に出して賞をいただきました。いわゆる「バカちょんカメラ」で撮った写真なのだけど、娘の一生懸命さが可愛くて思わずシャッターを切った写真。

9月になりました。


ご無沙汰しております。お盆も過ぎ、9月になり秋の気配がしてきました。
残暑お見舞い申し上げます。(と、いうにはもう涼しいですね。)

お盆後にお盆のことを書こうかと思いましたが、福知山やその他の場所の水害などがひどく、なんとなく自分のことを書く気がしなくて、今頃になってしまいました。被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。何もできてなくてすみません。m(_ _)m

今年のお盆も四国の実家に帰りました。

2014年お盆実家

今年のお盆は四国も曇天&雨天でした。あとは実家の庭や外観。

四国では自分が通っていた保育園、小学校、中学校、高等学校、その他想い出の場所に行ってきました。

2014年お盆

左上=保育園、右上=小学校(四国で一番のマンモス校)、左下=中学校、右下=高等学校

瑞応寺

高校の頃の想い出の場所「瑞応寺」どんな想い出かはナイショ。


そして、今年のお盆の買い物。前からずっと欲しかった物を買いました。
「木のお弁当箱」

木のお弁当箱

やっと買えた「木のお弁当箱」


普段仕事にお弁当持って行ってたりとかでも全然ないのですが、なぜか前からずっと欲しかったんです。木の香りがして、お弁当も更に美味しく感じます。
これから秋、お弁当持って景色のいいところに出かけたいな。
仕事で出るときもお弁当持って行ったりもしましょ。(^-^ )