シャボン玉

子供たちも大きくなったな。


8月29日は息子の誕生日でした。

もう21歳になったと思うと、ちょっと愕然とした。

children

子供たちの小さな頃

夏休みに戻ってた時にも「誕生日何か欲しい?」と聞くと「僕はもう20歳過ぎとるんだから、もうええで。」と。

そっか。。。。。

娘も、今年の12月で24歳になる。私が結婚した年。

早いなー。

結婚して同居もして「こんなはずじゃなかった。」ってこともいっぱいあって、いろいろ辛いこともあったけど、子供たちがいたから頑張れたんだろうな。

仕事も家のことも子供たちのためにがんばってた。

それが私の生きる目的になってしまってたのかもしれない。

子供たちが二人とも巣立った時、本当はどうしていいのかわからなかった。

息子が巣立つ時「僕も出て行くけど、お母さんも○○○○アート展とか、好きなことができるようになっててよかったな。」って言って安心してくれてた。

でも、そのアート展からもわたしは身を引き、人生の中で自分が一番したかった方向性を見失った。

たぶん、結婚して子供を持った女性は、子供たちが巣立った時、一度、自分の人生の方向性を見失ってしまうのかもしれない。

「自分はこれから何のために生きよう。」って・・・・。

なぜかギターとか音楽にも手を出してしまって、凝り性な私はそのまま続けて、趣味として音楽活動もしてたりするけど、本当に自分の人生の中でしたかったことは何なのか、ちゃんと見極めて方向性を決めなくては、と思ってる今日このごろ。

利益を追求する仕事などよりボランティアばっかりしたりしたいけど、まだまだ仕事もしなければいけないので、お仕事もがんばります。

※(アイキャッチ)一番上の写真は娘が小さい頃の写真。「シャボン玉」。家族に勧められてある写真展に出して賞をいただきました。いわゆる「バカちょんカメラ」で撮った写真なのだけど、娘の一生懸命さが可愛くて思わずシャッターを切った写真。