「ここにいるよ」・・・なかさなさんに捧ぐ


11月11日、早朝。急に耳の奥で「プシュッ」と音がして、目を開けると天井がグルグル回っていました。

初めて「回転性めまい」を体験しました。午後になってもおさまらないので、救急で病院へ行き、その日も次の日もいろんな検査をしていただいたけれど、悪いところは見当たらず、めまい止めをいただいて帰ってきました。その後、近くの漢方薬局さんでわたしに合った漢方薬を処方していただき、今は普通に元気にしています。

そんなとき、あるお友達から悲しいお知らせが届きました。

わたしのブログからもリンクさせていただいている「今日もねこ曜日」というブログの「なかさなさん」というお友達が11日早朝くも膜下出血で帰らぬ人となったと。

わたしがちょうど急に天井が回転し出した時間くらいだったようです。それは単に偶然だとは思いますが。

この二週間、他にもいろんなことがあったのですが、言葉を発することが虚しくてブログも書く気分になれませんでした。

 

なかさなさんとは、以前YAMAHAプレイヤーズ王国という音楽サイトで知り合いました。

ちょうどいろいろ辛いことがあった時期で、なかさなさんが歌う「ここにいるよ」という曲を聞いて、心に沁みて癒されました。

そのときのことをブログに書いています。

http://www.somemi.com/blog/2008/04/post-65.html

とても透明感のある優しい歌声でした。

直接お会いしたことはないのですが、その後もネット上で仲良くしていただき、ブログも相互リンクし合ってました。

真面目で聡明な優しい人で、歌声を聞いたり、ネット上で会話しても、いつも元気をいただけました。

なかさなさんも猫が好きで薪ストーブも好きでギターの弾き語りも好きで、いろんな「好き」がいっしょだったかもしれません。

お二人の娘さんを本当に愛して、いつも明るく振る舞って一生懸命な人でした。

いなくなってしまったなんて、本当にショックで、今でも信じられません。

なかさなさんが歌われたこの曲の音源を探したのですが、見つからなかったので、谷山浩子さんご本人の音源を。

なかさなさんの優しい歌声忘れません。ずっと「ここにいるよ」と歌ってほしいです。

これからも、わたしたちの心の中にいますよね。

「森のような庭」「味噌蔵改造」その後


寒くなってきましたが、冬になるまでに、もうちょっとなんとかしておこうとガーデニングがんばってます。(もちろん仕事やその他の日常生活の合間にですよ)

上のアイキャッチ画像は、うちの庭の「美男かずら」と「ツルうめもどき」を手すき和紙と小さな糸車に巻き付けたもの。玄関に飾ってます。

庭の植物でいろいろディスプレイするのって楽しいですね。

と、いうことで・・・

まず、、、、わが家の「蔵」の現状を見ていただきましょう。

kura

 

ひゃーーー。実は味噌蔵だけじゃなく、これだけの古い建造物。その中でも味噌蔵は一部分なので、まずはそこからなんとかしようと思ってますが、、、

これらも、放っておくと、ただの廃屋になってしまう。

せっかくの木や塗り壁も粗大ゴミ。

うむむむむむむ。どうするべきか。。。。nakuhito

これは、、、「次世代に残す古民家再生」をしないといけない。

「使えない古い建造物」を残されても次世代の人たちが困ってしまう。(って、わたしたちもそういう状態で上の世代からこれらを残されてしまったのですが)(^^;)

でも、住居の方のリフォームローンが残っているので。。。

そうだ。自力だ。「自力 DE 古民家再生」しようと決意しました。(←味噌蔵だけにしておけーーー)

まあ、全部は無理ですが。(←いきなりな弱気)

味噌蔵とーーーー

 

monooki1

こういう、扉のない物置。天井が高くて土壁でいい風合い。

ここきれいにしたら、何かを展示したり、この中でいろいろなことできるはず。

tuchikabeこちらの物置も、中も片付ければいろいろ使えるし、外側の塗り壁も何か展示したりすると面白い。

この、物置の裏側はーーーー

kuraura草ボーボーですごいことになってました。草刈りすると、道が出現。この裏側の土壁も使えるな。

もっときれいに整備しないとだけど。

うむうむ。木や塗り壁でできた蔵や物置も、そのまま放置してると、何にも使われず、あとは廃墟になるのみ。

これらにも、再び命をーーーー。

と、いうことで、、、、なんか、最初の目標から更に大きくふくれあがってしまいましたが、、、コツコツがんばります。

「森のような庭」は

gardenレンガはけっこう敷けましたー。が、まだ、植物たちや全体のまとまりがありません。

なんだか、思わず「ガーデンコーディネーター」の資格の勉強の資料を取り寄せてしまったわたしでした。(←凝り性

でも、レンガと塗り壁っていい雰囲気かも。

そんなこんなで「森のような庭」も今こんな状態です。

雑草だらけだったところに雑草に勝つようなお花達を植えていってます。

来年の春にはいっぱいお花が増えますように。

と、いうことで、、、、、今週末はガーデニングもお休みし、明日から一人旅に出ます。

 

 

 

 

薪ストーブ料理で女子会(第二回「火を見るお食事会」)


なかなか更新できておらず、すみません。

ずっと前から約束したままできていなかった女子会がやっとできました。

今年の最初に仕事仲間さんたちをお招きして開催した第一回目の「火を見るお食事会」の第二回目を今回の女子会で。

今回は、以前「はむはみ」というレシピ集をお仕事でいっしょに作った女性たちお二人と。

そのうち、お一人は結婚したばかりでお祝いも兼ねて。

もうお一人はいつもラブラブなだんな様も今回参加していただきました。

まずはドドーンと「まるごとロールキャベツ」。

初めて作ってみて、お客様に食べさせてしまったというデンジャラスな食卓。(^^;)

marugororollkyabetsu

これは薪ストーブ料理ではないのですが、キャベツの裏側をくりぬいて、ハンバーグの種を詰め、コンソメと庭にあったハーブ達といっしょにコトコト煮たもの。できあがりをハート形のお皿に入れてみたものの、とても色彩が地味だったので、にんじんとかぼちゃとブロッコリーの芯を小さく切って茹でたものをトッピング。これで、少し華やかになったかな。

切り分けた物に、手作りのピザ用トマトソースと、チーズフォンデュのとろ〜りチーズかけて食べたら美味しかったです。

11_5

あとは、パリパリ豆サラダとチーズフォンデュ。みんなでワイワイつつきながら、いろんなワインを飲みました。

お盆に実家でもらってきたワインが何本もあったので。

アフリカワイン初体験♪

すごくフルーティーで飲みやすかったです。

そして、そして、薪ストーブで

makisutobu_cooking

左が「薪ストーブパエリア」右が「薪ストーブピザ」

どちらも好評でいっぱい食べてもらえてうれしかったです。

わたしのピザ生地はオリーブオイル一滴も使いません。豆乳のピザ生地。でも、モチモチパリッパリでおいしいですよ。(何度も練習したので、前より自信つきました。)(^-^ )

今回女子会参加のお一人は「食のプロ」なので、食のプロにわたしの手料理食べてもらったりして大丈夫だろうか、とちょっと不安でしたが、「美味しい」といっぱい食べてもらえたので、よかった。

食べたり飲んだりしながら、参加のお一人がピアノ弾いてくれたり、わたしもボサノバのギター弾き語りを披露したり、ユルユルとした優しい時間でした。

こうやって仲良しの人たちと一緒に飲んだり食べたりする時間って本当にいいですね。

自分の家に呼ぶとなると、お掃除からいろいろ結構大変だったりするので、なかなか頻繁にはできないけど、また薪ストーブ使ってる時期にこうやって「火を見るお食事会」できればいいな、と思います。