緑のトンネルは心地いい


GWも終わり、いいお天気が続きましたが、今日は大雨。台風が来るのでしょうか。

先日は「着払い荷物のいたずら(嫌がらせ)」について書かせていただきましたが、その後、、、、止まってません。エスカレートしてきているので、郵便局さんと、警察の刑事さんとご相談中です。もはやこれは犯罪ですし。

「天知る 地知る 己知る」

小学生の頃に教えてもらった、この言葉を思い出してしまいました。

「だれにもわからないと思っていても、天も地も見ている。そしてなにより自分自身がわかってるでしょ。」と。

 

いろんなことがありますが、日々の生活の中で、毎日ちょっとでも庭に出てガーデニングするのが、わたしの癒しになっております。植物や動物はいいですね。ホントに。

今年も森のような庭に「緑のトンネル」できてます。(上のアイキャッチ画像)

近ごろ、日中は日ざしもきつくて暑かったりするのですが、この緑のトンネルに椅子とテーブルを置いて、お茶したりすると、生き返る気がします。

緑が多いところは酸素が多いのでしょうか。緑に包まれていると、心も身体もすーっと浄化されるような気がして、本当に気持ちがいいです。

今年も森のような庭の奥は野蕗園になってました。そのまた向こうにある放ったらかしの畑ではウドも伸びてましたので、収穫しました。

お花もいっぱい咲き出しましたよ。

毎日庭に出てお花を見たり世話をしたりするのが楽しみです。

今年のGWには、去年庭に設置した石釜を奥の土壁の農機具小屋の中に移動させました。雨に濡れると耐火煉瓦が割れやすくなるそうなので。

そこで、先日の日曜日、ご近所さんが集まって、石釜パエリアとバーベキューしました。

森のような庭の緑を見ながら、鳥のさえずりも聞きながら、薪で作ったお料理を食べるのはとても贅沢な時間に感じました。

薪の火と太陽の光でお料理、そんな雰囲気♪

来られたご近所さんが、うちの庭がとても癒される空間だと言ってくださったのがうれしかったです。

これからも、お庭をもっと整備して心地いい空間にしますよ。(^-^ )

郵便局着払い荷物のいたずら


近ごろ、郵便局の着払いの荷物のいたずらが続いております。

最初は差出人がお仕事仲間さんで、受取人がわたし。お仕事仲間さんに聞くと出した覚えない、と。

お仕事仲間さんも、相手の承諾なく着払いで荷物を送りつけたりする人ではありませんし。

一回目は、料金も300円ほどだったので、興味本位で受け取って開けてみました。f(^^;) 中は古ーーーいNONNOというファッション雑誌の特集号みたいな物でした。情報も古すぎて役に立ちそうでもなかったです。

そして、また同じようにきました。そのときは拒否。 次は、全然知らない人が差出人で受取人がわたしで着払いで荷物がきました。荷物といっても、ポストに入る大きさ。 そして、次は今度は差出人がわたしで、受取人が全然知らない人で着払いで送りつけられたそうで、お相手さんは当然拒否して、送り返されてきましたが、わたしも出してませんので、受取拒否。 そして、また今日ふたつわたしが差出人で全然知らない方に着払いで荷物を送っていたそうで、受取拒否でわたしのところへ戻ってきました。

戻ってきたといっても、わたしも出してませんので。f(^^;) 郵便局の着払い荷物ってポストに入れば、窓口に行かなくても出せてしまうんですよね。

最初の頃は峰山郵便局経由。今日のふたつは宮津郵便局経由。 コピー用紙か、シール紙にパソコンから差出人と受取人の住所氏名をプリントアウトして切って、貼ってます。 わたしの差出人で着払いで荷物が届いてびっくりしたり迷惑かかってらっしゃる方がいらっしゃいます。

わたしは、お相手の承諾なしに着払いで荷物を送りつけたりしませんので、わたしを知ってる誰かのいたずらです。

でも、わたしのことを知ってる人がこんないたずらを何度もして、わたしも知らない方にご迷惑をかけているのだとしたら、本当にすみません。

届いてびっくりしてネットでわたしの名前を検索して、このブログを読んでいただけたらいいのですが。

今後もお手数ですが、受け取り拒否を続けてください。わたしも受取拒否し続けます。

かわいそうなのは、郵便局さんですが、郵便局さんにも、「他の宅配業者さんは、荷物は窓口で出さないといけないけど、郵便局さんのは、着払いでも、ポストに入れば出せてしまうので、こういういたずらが簡単にできてしまう。

本当は窓口で着払いで出す場合は、差出人を免許証とかで本人確認してからでないと出せないようにしないと、これからもこういういたずら減りませんね。」と言っておきました。

そう簡単には郵便局さんの制度は変わらないかもですが。f(^^;)