「森のような庭===秋」


秋らしくなってきました。

秋といえば「食欲の秋」。

まずは、やっぱりこれですね。(笑)

栗をたくさんいただいたので、栗ごはん。ついついご飯を食べ過ぎてしまう秋です。

栗ごはんさて、、、

「森のような庭」のその後ですが、夏が終わり、涼しくなってから、また日々コツコツとガーデニング(庭の開墾)がんばっております。

庭なんとなく、、、あがいております。どのような方向性に整備していこうかと・・・・。

夏の間、暑さだけで自分の体調を保つのでいっぱいいっぱいで、草取りを怠りましたら、またジャングル化になりかけていたので、一部、軽石の砂利を敷き詰めました。草除けと防犯にもなるそうです。

 

森のカフェガーデニングの合間に「緑のトンネル」でお茶したり・・・・。これぞ、本当の「森のカフェ」ですね。(←自己満足)

しいたけ「森のような庭(プライベートフォレスト)」も秋の味覚が。シイタケ〜〜♪

そろそろいっぱいできはじめますね。楽しみです。

今日の収穫

今日の収穫(紫式部、しいたけ、クランベリー、むかご、ブルーベリー、いちご)

今日の庭(森)での収穫です。なぜか、ブルーベリーやいちごもなってました。f(^^;)

毎日ちょっとづつ庭(森)を見て回って発見があるのですが、「開墾しすぎてもいけない。」と感じてしまいました。

毎年奥の森部分にはけっこう彼岸花が咲いてたのですが、今年は開墾しすぎたせい(しすぎてるようには見えませんがf(^^;))か、彼岸花がお彼岸頃に見当たらず、絶えてしまったかと思ったら、お彼岸が終わった頃、ひっそりと咲いてました。

彼岸花「わたしはもう、存在してはいけないかもですが、生き残ってしまったので、時期はずれましたが、やっぱり咲かせていただきます。」みたいな雰囲気で。f(^^;)

彼岸花好きだから、来年も咲いてほしいなー。

まだまだ開墾できていないジャングル部分には、「これは何の植物?」みたいな物も見つけます。

赤い実赤い実をつけた植物を見つけました。なんだろなー?食べられそうにはないけど、ツル科の植物みたいなので、赤い実をつけたままリースにしたら、可愛いのができそう。

んーーーー、自然と共存しながら、そこそこ見られる庭にする。というのもなかなか難しいのですが、「これは何の植物?」と観察しながら、また開墾していこうと思います。

自然と生えてくる草や木も、お花や実がすごくかわいかったりするものもあるので、そういうのは取らずに置いておきたいな、と。

と、いうことで、久しぶりに「森のような庭」のご報告日記でした。

またそろそろ「小さな石釜」も使いたいな、と思ってます。冬がくる前に。

冬がくる前には庭と森の部分ももうちょっと整備して、来年の春に楽しめるようにしたいと思います。

 

 

 

 

 

Share buttonsShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
This entry was posted in 生活.

2 thoughts on “「森のような庭===秋」

  1. おや? ガーデンアーチも有りますやん!次々と庭の全貌が明らかになってきますね。
    秋の味覚、松茸は?流石に松林は無いですよね~!

    • >中野さん
      このガーデンアーチ、「バラーチ」っていうそうですよ。(笑)
      早く庭をだいたい形にして、味噌蔵のリフォームしたいのですが、庭のお手入れはきりがありません。
      松茸ねー。できればいいのですが、松がないとダメなんですよね。f(^^;)
      違う箇所の庭には松あるんですが、根元を見てみようかな。(^-^ )

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。