美男くんを探して


お休みも終わって、またたまった仕事と格闘しておりますが、夕方はちょこっとガーデニング。

蚊もいなくなって、ガーデニングにはちょうどいい季節です。

日曜日に塗った古い味噌樽の部品。木をとめていた竹の輪っか。

14_10_26taruwaそこに、またまたうちの庭に生えているツル植物のツルを乾かした物をクルクル巻いていきました。

14_10_28binan1そこに赤い実の植物を。

先日、庭の奥地(プライベートフォレスト=森のような庭)で見つけた赤い実の植物(上のアイキャッチの画像)これは・・・・

「美男かずら」というそうです。

昔、この植物が整髪料などに使われていたとか。滋養強壮にいいとか。薬草なのだそうです。

それで、また「プライベートフォレスト=森のような庭」に入り、美男くんを探しました。ツル植物なのでいろんなところにからまって伸びていて、他の葉っぱをかき分けて探しましたらありました。

そこで、今度は

14_10_28binan2

葉っぱと赤い実がついたままの「美男かずら」のツルをクルクル巻いていきました。

輪っかが大きすぎるので、あまり華やかにはなりませんけど。うちにあるものだけで製作、ということで。f(^^;)

もう少し赤い実が欲しかったですけど、もうこれ以上見つかりませんでした。来年はもっと赤い実ができるといいなー。

今日はガーデニングというか

庭遊び?森遊び?みたいな感じですね。

 

Share buttonsShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
This entry was posted in 生活.

2 thoughts on “美男くんを探して

  1. 「美男かずら」って言うんですか? 子供が小さい頃に山に行った時に、子供が「お母さんが、こんなの好きやから持って帰ろう」と言っていたのを覚えています。
    あの頃は、可愛かったのにな~!・・・・・
    アッ、私は赤い実を付ける「サルトリイバラ」が大好きで、秋になると野山に探しに行きます。
    名前の通り、蕀が付いているので注意しないとイタタッと成りますが、実と葉っぱが付いたまま環っかにしてリースにしています。
    葉っぱは茶色く成ってしまいますが、1年間ドライフラワーの様に持ちますよ♪

    • >中野さん 
      速攻コメントありがとうございます。(^-^ )
      これ「美男かずら」って言うそうです。先日生花展を見に行ってたらその生花に使われていて、名前を聞くと教えていただきました。
      中野さんの奥様も好きなのですねー。やっぱり奥様と好み似てるなー。
      「サルトリイバラ」わたしも大好きですよー。毎年とってきて飾ってます。
      今年も早速、この「美男かずら」より前に樽の竹の輪っかと組み合わせて飾ってますよ。
      サルトリイバラのリース
      去年とってきてたサルトリイバラの実から育てられないかなー、とこの前土に植えてみてます。無理かも、だけど。
      今年は種から育てた「ツル梅もどき」が赤い実をつけはじめています。これも朱色がかった小さな赤い実がいっぱいつくツル植物でリースにするとかわいいんですよ。これもよく生花にも使われています。赤い実がなる植物っていいですね。(^-^ )

中野 にコメントする コメントをキャンセル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。