寒い日は猫といっしょに「こたつむり」


今年も残すところあと数日。

早いですねー。

今年は雪も早くからたくさん降って寒い師走となりました。

そんな寒い冬の夜はあったかくして、美味しい物を食べて、そして、にゃんこたちとこたつでまったり過ごすのが至福のとき。

nekotasu1けれど、こたつに入ったわたしの上で「膝の上争奪戦」が繰り広げられるときも。(^^;)

「僕が先、僕が先」と我先に来ようとする男の子たち、ココアとキラ。

この前あまりも激しい喧嘩になってしまったので、「やめなさい!」と喧嘩を止めに入ったら

IMG_3397こんな有様で、わたしが一番重傷。動物達の本気のけんかに人間が介入するもんじゃないと思いました。(^^;)

cats今のうちのにゃんこたちはこの3匹。ママ猫シフォンは、男の子たちとは別室で、いつも一人(一匹)で静かにゆったりと暮らしています。

男の子達が喧嘩したり、バタバタしたりするのが許せないらしく、以前ストレスで体調を崩してしまったので、別室に連れて行きました。

毎日わたしと一緒に寝てるのはシフォンです。男の子達は寝室に入れると、わたしが眠れません。重すぎるのとバタバタするので。f(^^;)

chocora去年の秋に虹の橋に旅立ってしまった子、ショコラもこたつが大好きでした。この子はママ猫シフォンに似て、少し神経質というか繊細な子でした。

甘えん坊だけど、他の子を押しのけてまで甘えに来られない。わたしの膝の上に来たいのに、他の子たちに遠慮して、遠くから見ていて、ちょっとづつちょっとづつ近寄って来て、そろりとわたしの膝のそばに来て、ちょこんと片方の前足だけをわたしの膝の上に乗せるような、そんなシャイボーイでした。

もっと、甘えさせてあげればよかったと今では思います。

サクラ

今の子たちの前にいたのが、サクラ。この子は生まれて間もない頃に捨てられていて、息子が連れて帰ってきました。

この子は「忠犬ハチ公」ならぬ「忠猫サクラ」というほど、わたしのそばにいつもいました。ある意味「ストーカー的猫」だったのですが。

この子も本当に可愛かったです。

2年で家の前で交通事故で虹の橋に旅立ってしまいましたが。

 

 

 

いつかにゃんこともお別れが来るけれど、今年の冬もにゃんこたちとこたつでまったりします。

にゃんこたちが幸せそうにのどをゴロゴロ慣らす音を聞いてわたしも幸せな気分になります。

寒い冬ですが、大切なねこたちと出来る限りゆっくり時間を共有したいと思うのです。

 

 

 

 

Share buttonsShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
This entry was posted in 生活.

4 thoughts on “寒い日は猫といっしょに「こたつむり」

  1. うわ~痛そう!猫さん達の爪は切ったりしないんですか?
    以前、飼っていた猫は薪ストーブの前でゴロゴロしているときに、頭の上を跨いで行こうとすると、突然に前足で私の足に襲い掛かって来てました。
    怒ってやると、「スミマセンつい本能で手が出てしまいました!」みたいにチョッと上目遣いに見るニャンコでした。

    • >中野さん
      爪、切りますよ。でも、切っても本気のけんかのときはすごい力なのでf(^^;)
      猫の頭の上を跨がれましたか。それは引っ掻かれるかもです。
      動物って、上から来るものに闘争的になるみたいですね。
      仲良くしようと思ったら、同じ目線で近寄るといいようです。
      (^-^ )

  2. 同じ目線!
    鼻先を引っ付けていると顔をゴリゴリと擦り付け、更に私の鼻を舐めまわした後に噛まれます‼ 
    でも、一応加減している様で嫁さんによく笑われました。

    • >中野さん
      お返事遅くなりすみません。
      鼻先引っ付けると、一応ちゃんと親愛の情を示してくれますね。
      その後かまれますか。f(^^;)
      「調子に乗らないで。」って感じでしょか。
      でも、甘噛みですよね。
      (^-^ )

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。