江戸行き(回想記)・・・今ごろーーー?


あっという間に月日は流れますね。

桜も終わり、日ざしも強くなってきた今日この頃。

まずは、、、江戸行きの回想記を。(^^;)

3月26日〜28日までの江戸行の目的は姪っ子のミュージカルの舞台を見ることでした。

夜行バスで行ったので、まずは、お友達と待ち合わせて銀座松屋へターシャ・デューダ展を見に。

「チケット前売りで買っといてあげる。」とお友達が言ってくれてたのですが、何かチケットを2枚プレゼントしてもらったとかで、わたしもそのチケットで入らせていただきました。(無料)ありがたや。

ターシャ・デューダ展は中はほぼ撮影禁止。ターシャが実際に使っていたガーデニング用具や、キッチン用具など、いろいろ展示されてました。

ターシャが暮らしていた空間を再現したような箇所もあり、素敵でした。

そして、なんといっても、ガーデン、庭ですね。

庭の部分は再現してあり、撮影OKでしたので撮影してきました。

 建物の中の催し物会場の中に本物のお花がいっぱい咲いたお庭って、不思議な感じでした。

うちの庭はまだまだだなー。

ターシャ展を出て、銀座でランチ。お友達が地下にある隠れ家的なおしゃれなイタリアンレストランに連れて行ってくれました。

お昼食べたら少し銀座を歩いて、その後電車で日暮里へ。

お友達が私がたどり着けるか心配だからと日暮里駅までついて来てくれました。

姪っ子が出る舞台があった「日暮里d倉庫」は、わかりにくい場所にありましたが、なんとかたどりつき、その後到着した息子たちとも合流。

お芝居の様子は

http://ent-mc2.com/previousday442cast/

こちらで、ご覧ください。

とてもシンプルなお芝居だったのですが、シンプル&ゴージャスって感じでした。

モノトーンの舞台。一台のピアノ。あとは、白か黒の衣裳を纏った出演者さんたちの歌や踊りとお芝居。

マイクも何も音響設備は使ってないそうです。歌もお芝居も地声のまま。すごいです。

明日世界が終わる。その最後の一日をどう過ごすか、それぞれの最後の一日。そういう内容でした。

 

その中の姪っ子が出てる動画がYouTubeに上がってましたので、ご紹介します。

YouTube Preview Image YouTube Preview Image

白いワンピースを着て踊ったり歌ったりしてるのが姪っ子です。21歳。

なんというか、「成長したなー。」と思いました。

何か一皮むけたというか、そんな感じ。

その日の舞台が終わってから、夕食は舞台に出ていた姪っ子ともう一人四国から来ていた姪っ子。そして、息子と息子の彼女。

4人の若者達と一緒に夕ご飯を食べました。

今回舞台に出ていた姪っ子は、就活はせず、プロを目指す決意をしたそうです。

他の女の子たちも夢に向かってまっしぐら、って感じでした。

男の子より女の子の方が夢や欲望に対して正直に進めるのでしょうかね。

男の子たちは、夢はあっても「将来結婚して家族とか持つなら、そこそこ稼いどかな。」って感じで、まずは生活力をつけようとしてしまうみたい。(^^;)

夕ご飯を食べた後、また夜行バスに乗って帰ってきましたが、またバスに乗る前にも午前中に会ってたお友達がわざわざ来てくれて、素敵なお土産をくれたのでした。

本屋さんが作ったこわだりのカレーだそう。パッケージも本型になってます。まだ食べてないですが、もったいなくて。f(^^;)

curry

本屋さんが作った、こだわりのカレーだそうです。

そんなこんなで、江戸行はとても楽しい有意義な旅となりました。

若者達、がんばれー。

 

Share buttonsShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2 thoughts on “江戸行き(回想記)・・・今ごろーーー?

  1. 夢に向かっている姿が、女性と男性でどうしてこんなに違う目で見られるんでしょう!
    う~ん男も辛いね・・・・頑張れ若者!

    • >中野さん
      お返事遅くなりまして、すみません。m(_ _)m
      夢に向かってる姿、女性と男性と違いますねーーー。
      ちょっと男の子がかわいそうになりました。f(^^;)
      お金持ちさんなら、生活力とか考えず、男の子でも夢にまっしぐらになれるのかもですが。
      でも、姪っ子も女の子ですが、ダンスや歌のレッスン料とかも親に頼らず、バイトで稼いで自分で払ってるそうです。
      まあ、苦しくても夢に向かって突き進めるくらいの根性がないと、ですね。(^^;)

      子供たちや若者は「ダイヤモンドの原石」です。頑張れ!若者!ですね。
      バカ者のおばちゃんは応援したいと思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。