晴れた日は影が地面に絵を描く


昨日は、朝から撮影。夕方からは打ち合わせが入っていたので、その合間の時間、景色のいいところを見てきました。

ポカポカお天気の気持ちのいい日でした。

お仕事先の地面をiPhoneで撮影。土とセメントの境目、そこに桜の花びらが散り、またその上に桜の木々が影で絵を描いていました。

なんでもない光景なのだけど、見とれてしまったわたしでした。

 

 

お仕事終わって、まずは、お昼。

あら煮

ドドーーンと「あら煮定食」。久しぶりでした。(伊根町舟屋の里公園にて)

煮魚定食を食べてらっしゃる人がこれを見て驚愕します。

煮魚定食より身が多い。「あえてアラにした感」のあら煮。

お腹いっぱいになりました。

それから、またまた車を走らせ、

お地蔵さん

こんなお地蔵さんに遭遇。(伊根町新井(にい))

小さいお地蔵さんなのに、存在感がすごい。遠くからでも目立ちました。

その近くで

尾道的丹後「尾道的丹後」発見!

車が入れないような路地。その路地で近所のおばちゃんたちが楽しげにしゃべっていました。海の近くで潮の香りが漂う気持ちのいい場所。「いい暮らしがここにはあるのだなー。」と感じました。

n_art坂道の階段横がこんなアートに。誰が作ったわけでもないのに、まるでセメントの額縁の中に自然の植物でアートされているかのよう。

「飾らないけど、気持ちいい。」そんな丹後がここにはありました。

 

 

Share buttonsShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。