新年明けまして、おめでとうございます。


新年、明けましておめでとうございます。

今年のお正月も、家族とゆっくり過ごせた平和なお正月でした。

まず年末から元旦までは、今の家族(主人や子供達)とゆっくり過ごし、2日から4日までは四国の実家に帰省していました。

子供たちとも実家の甥っ子や姪っ子たち、母や姉妹ともいろんな話をしてきました。

今年の春、社会に出る子達は、うちの息子と姪っ子二人の3人。

東京の大学を卒業する姪っ子は劇団四季に入団できることになりました。高校3年だったその妹の姪っ子も、「わたしは高校から劇団四季に入る。」と周りから見れば無謀な試みをしましたが、その姪っ子も劇団四季に入団することになりました。姉妹同時入団は、劇団四季でも前代未聞だそうです。

息子も春から上京し、自分の夢に向かっていくことに決めました。去年の夏頃打ち明けられましたが、わたしも大賛成、家族も大賛成、実家の家族も大賛成です。

東京の大学から劇団四季に決まった姪っ子がいろいろ芸能関係の人脈を作ってくれているので、息子にもいい出会いがあると思います。

いろんな人から「息子さんの将来、親も思い切ったね。勇気があるね。」と言われますが、たぶんそういう道を選ぶであろうということは、最初からわかっていましたし、むしろそうしてほしかったので、我が家では自然なことでした。

東京でいとこ3人で叱咤激励しながらがんばると思ってます。親のわたしは心配よりも、なんだかワクワク楽しみです。(-^〇^-)

わたしは、というと・・・・

去年はいろんなことがギューーーッと凝縮されたような濃い一年でした。いいこともあったし、悪いこともあったし。

でも、悪いことは自分の中では苦しんだ後、もうそこから卒業したので、その後はプライベートでも、仕事でもいいことばかり起こってきてます。

今年の年賀状は実はずーーーっと前にも使った絵です。でも、今年はこういう気分だなー、と思い、また使ってしまいました。(手抜きで、すみません)

今年気になってるのが「熟」という字。

「熟」は「じゅく」とも「つくづく」とも読みます。

期が熟す。人として熟す。

「つくづく」というのは、じっくりと思いを込めたり、ものに深く感じ身にしみたりすること。

今年はもう少し、いろんな意味で熟したいなー、と思ったりしております。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

Share buttonsShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
This entry was posted in 生活.

4 thoughts on “新年明けまして、おめでとうございます。

  1. 息子さん、芸能関係(音楽)の仕事に向かうんですか?就活の極意を教えていただこうと思ってましたが、その様な才能が有る息子では無いので残念です。
    こんな時勢ですから、安定した職業に就いてほしいと親心では思って仕舞いそうですが、私の息子は今年4回生で就活になりますが、取り敢えず従業員を大事にしてくれる所に入ってくれればな~と思っています。

    • >中野さん
      息子は音楽関係ですね。早くから就活していて、いくつか内定もいただいてたようですが、どこへ行っても面接で「君が一番したいことは何かね。」と聞かれ、やっぱり自分の夢を実現させる道を選ぶことに決めたそうです。報告されたとき「安定した道を選ばずに、ごめん。」と謝られましたが、予測してたので、報告がむしろ遅かったと思いました。でも、就活もしてみなければ、本当の自分の気持ちに気づかなかったでしょうし、就活してみたこともいい経験になったと思います。
      若いうちにしておいた方がいいこともありますし。思いが残ったまま、ある程度の年齢になって、そこから夢を目指すのもいいですが、家族の反対もないのだし、若いうちに思うようにさせておこうと。(*^^*)
      でも、親はやっぱり心配なので、ある程度暮らしの目処がつくまで大変だろうと、そこまでの生活費の援助も申し出ましたが、拒否されました。「自分の力でなんとかしていきたい。」と。f(^^;)
      今のご時勢、大きな会社も明日には倒れるかもわからないような状況ですから、たぶん、一人一人の人間力が大切なのでしょうね。「この人の代わりはいない。」と思えるような人間力や知識や技術があれば、どこに行っても一人になってもなんとか生きていけると思います。(偉そうですみません)
      ちなみに、息子はたぶんアフリカやアマゾンのジャングルや無人島に一人ぼっちで放置されても、なんとか生きていくようなタイプなので、都会のコンクリートジャングルの中でも自分独自のけもの道を切り開いて生きていくと思ってます。娘はそういうタイプではないので、安定した収入が得られる道につきました。
      中野さんの息子さんも、就活の年になるのですね。中野さんの息子さんならきっといい会社に就職できると思います。(^▽^)社員を大切にしてくれる会社いいですよね。人材って本当に大切です。
      若者たちのこれからの人生楽しみですね。

  2. そうですよね、それにこれからは「人材」は「人財」に変えて貰わなくては駄目です。
    材料なんて字を使ってるから、正社員じゃなく非正規なんて言葉が出てきて、ブラック企業が増えるんでしょう。
    すいません、愚痴りました。(*- -)(*_ _)ペコリ

    • >中野さん
      お返事遅くなりすみません。m(__)m
      ホントですね。「人材」ではなく「人財」です。
      人って、仕事であっても仕事でなくても「宝物」です。
      (*^^*)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。